スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2012年11月04日

D-BoyHK416Dテイク4&AK105準備

どうもアクセルです

SRはパーツが足りなくなったので月曜までお預け。

今日はその代わりHk416のスイッチの交換とAK105のフロントレールキット取り付けを行いました

416はスイッチがイマイチの状態だったのでSHSスイッチに入れ替え。

当たりが悪く反応がない場合が二回あったのでバラしては調整してなんとか使えそうな具合に。

AK105用にレールキットを調達しました。

ふつくしい・・・まるでロシアの精神が形となったようだ(んなこたぁーない)

カッコイイ!

ロシア装備がはかどるね!w

AKは明日パーツ類を組み上げて月曜には組み込みできたらいいなぁのペースで更新して行きます(^o^)/

ではでは今日はこの辺で!








  


Posted by ゼロ=アクセル  at 04:06Comments(0)D-Boy HK416

2012年10月26日

HK416カスタムパート5

祝!3万アクセス達成Ypaaa!

たいしたことじゃないですが地味に嬉しいのでYpaaa!!

ロシア軍装が欲しいアクセルです

引き続きHK416をやっていきます

えー昨日の段階ではアッパーフレームとドッキングして動作確認と初速の計測を行っていましたが

まぁまぁ酷い状態で。

過去やった中で最悪とも言える測定結果で・・・

改修作業をしておりました。

何がダメなのか、どこがダメなのか。

まずはそこから潰して行きます。

原因1
チャンバー周り
怪しさ満載、メカボックスの動きは至って普通なにで原因はチャンバーと睨みました。

大体当たってましたけど、一部はマガジン挿入口の個体差とも言うべき部分も。

具体的な改修方法はまず次世代チャンバーを思い出してください、M4のね。

チャンバー前にスプリングで抑えてた筈なのですよ。

AK系もそうなんですが、まさに同じ方法をとりました。

改善の兆しあり。

原因2
チャンバー内、まずはバラしてみようと思いパッキンを取り出すと・・・あら不思議。

パッキン切れてHopかからなくなっとるやん・・・ジャンク箱に入れてたシステマと思しきパッキンを入れてチェック、ちゃんと動いてる!

再度初速計測、おおー狙い通りの92でストップ。

20発位計測してほぼ誤差が出ないようなので組み付け。

Fレールがほんと不便。

バッテリー後方配線にしたらよかったかな・・・・・・

あとは実際に改修した内容をテストするのみとなりました。

良かったぁ・・・いずれあとからもう一度あける事になりそうな予感がする・・・!

明日はHKひと段落しそうなのでMasadaのチャンバーの改修したいと思います

写真はHK416、並びに当方手持ちのM4勢力をば。

ではではまた(^o^)/
  


Posted by ゼロ=アクセル  at 02:52Comments(2)D-Boy HK416

2012年10月25日

HK416カスタム4

どもどもアクセルです

引き続きHK416のカスタムです

写真一枚目が問題のスパーのギヤが接触する部分です、盛り上がってる所ですね。

グラインダーでゴリゴリ削ってルーターで磨いて仕上げました。

組み込む前にシム調整を終わらせてチェックします。

接点グリス、ピストン・タペットレールにグリス塗り。

ピストンのチェック、圧縮漏れがないか調べます
各部のバネ類を装着し、一気にはめ込みます。

一気に組み立てたらフレームに組み込み開始です。

M4系は大体同じ感じじゃないかな?

無事組み込みし、チャンバーアッパーフレームに入れ組み込みテスト。

そして初速がでてない。

なんでや!

そして原因追求へ・・・

メカボックス内を疑ったのですが、どーも違う。

結果=チャンバーが原因でした。

マガジン刺した時にチャンバーがメカボックスに密着していないのを発見。

マガジンでチャンバーをメカボックスに押し付ける向き押しながら初速計測をしたところ89m/s、まずまずかな

しかしチャンバーのズレが治った訳ではないので対策を考えます。

頭の使い過ぎで大分来てるので今日はここまで(^o^)/
  


Posted by ゼロ=アクセル  at 04:29Comments(0)D-Boy HK416

2012年10月24日

HK416パート3

どもどもアクセルです

引き続きHK416をやっていきます

まずはパーツ作りから。

セクターとラックギヤを削ります

セクターは今回5枚カットです

ラックギヤは不用な歯を削ります

ピストンの組み付けする時はラックギヤとピストンヘッドをピストン本体に接着します

ピストンヘッドと面する部分は削って面取りします

タペットはメカボックスに搭載し締め付け後動きをみます、硬いようであれば削って調整します

シリンダーはピカールで磨き上げます

メカボックス側も当たる部分は丁寧に磨きます

地道な作業ばかりですが、地道な作業が最後の成果を分けますので、出来るだけ丁寧にやろうと心がけてます

強化メカボックスのためスパーがメカボックスに干渉するため作業はここで一度ストップです

グラインダーで当たる部分を削る作業をしたあと組み込みに入ります


今回はここまで、ではまた(^o^)/
  


Posted by ゼロ=アクセル  at 14:01Comments(0)D-Boy HK416

2012年10月23日

HK416カスタム②

どもアクセルです

昨日に続きからです

一番上の写真は開けてすぐの状態です

中華グリスの香ばしい香りがします、胃に来る匂いだ、今回のグリスは茶色

丁寧に拭き取って最後にパーツクリーナーで綺麗に。

ギヤ類は使わないのでパーツボックスにある程度綺麗にしたらポイ!\(^o^)/

二枚目は反対側
D-Boyのメカボックスって分厚いですねぇ、マルイの使おうかとか思いましたがHC機にするのでそのまま使用します

三枚目は軸受を抜いて拭き作業中

このあと軸受に瞬着を塗り、合体!

周りどめしないと意味ないですからね。

両側の軸受固着作業が終わったら瞬着といえど硬化するまで時間があるのでその間にピストンの面取りバリとり

セクターギヤのカットにために目印付け、ピストンラック側にも目じるしを。

今回は引き2枚、解放4枚の合計6枚カットです

何時もやってる延長ノズル加工をしようと思ったんですが、パイプカッターの歯がダメダメなので明日やることに。
本日はこんなところでo(^▽^)o











  


Posted by ゼロ=アクセル  at 04:00Comments(0)D-Boy HK416

2012年10月22日

D-Boy HK416D カスタム開始!



どもどもアクセルです

予定通り本日宮城よりHK416が到着。

まずはバラす前に外観と分解の為に構造チェック。

レシーバーピンはノーマルでも抜け防止されてたり高評価、割と物はいいですね。

延長アウターとPeq2とグリップとフロントサイト(折りたたみ式)もありました、まぁ変色してますがw

全体として普通のM4系よりかなりいいですね、ハンドガードの分解が凄く考えられてたり、ノーマルで十分使えそう、ストックはHK刻印が眩しい感じw

ACRストックにしますがね、折角余ってるし。


ストックパイプにちょっと注目

ストックパイプの止め?の部分なんですが、半月型、後方配線意識した作りですね

自分はアングスの高いPeq2ケースがあるんでそっち使いますよ、見た目もちゃっち中華よりずっしり。

ボロボロですがw

そして分解開始。

分解方法手順

1ハンドガード脇のネジを外してハンドガードを取る

2ケーブル類を途中から外す、よく見ると引っこ抜けば外れるところがありますよ。

3ストック外し、ストックパイプを外す。

4グリップ底面を外して(6角レンチネジ)モーター引き抜き、結合しているネジ外す。

5マガジンキャッチを外す(一度深く押し込んで、マグキャッチ引っかからないようにして回すと外れます

6レシーバーにあるピンをピンポンチなどで押し出す

7レシーバーかメカボックス摘出。

大体下ろすと写真2こんな感じ。

多分7mm軸受(シールドベアリングかな?)で見た感じはよさそう。

とりあえず今日はここまで。

ではまたo(^▽^)o
  


Posted by ゼロ=アクセル  at 03:30Comments(0)D-Boy HK416

2012年10月20日

D-Boy HK416

どもどもアクセルです

ネタ切れ感が半端ないですw

そのため、今まで迷っていたHK416をヤフオクにて購入しました。

現物は21日に到着予定なので、まずは予告ということでー

パーツの注文やらでカスタム開始は恐らく月曜日になりますので、そこからスタートの予定です。

今回は13:1を使ったセミオートキレッキレの仕様にしてみたいと思ってます

そう言えば知人の方からHC機のレシピのせて見たら?なんて言われてたんですが需要あるでしょうかね・・・?今更感もありますけども・・・

一応マルイ基準の25発のHCです、AKでもM4でも25発は行きますよ

カスタム中級(自分でバラして組んで初速調整してきちんと結果を出せる人)向けなんで、初めてやる人に出来ないことはありませんが難しいでしょう

中華パーツで作りますから、そこそこ安く出来ますが手間はすごくかかります。

一丁あたりのパーツ代は大体モーターいれて7500円位かな?モーターで3000円使うんですけどね

もう少し安いモーターでも行けますが採用理由が「馬力が違います、いい音でしょう?」

ポン付できるパーツは無いので、削ったり磨いたりは必須ですね

要望があるようであれば、HK416を題材に作ってもいいかなと思ってます。

ではでは今回はこんな所でo(^▽^)o

  


Posted by ゼロ=アクセル  at 14:42Comments(0)D-Boy HK416